アトピーに良い食べ物・悪い食べ物

アトピーの人は、消化器官が弱い・代謝の能力が低い・免疫力が低い・血圧が低いなどの症状があるようです。

また、アトピーに良くない食べ物を多く食べているひとも多いので、食事を改善することにより、あっという間に治る場合もあるようです。

食べ物を見直すだけで、改善できるのであればうれしいと思います。

悩んでいる人に多く取ってもらいたいものは、鉄分・タンパク質・ビタミンB群などです。

日本の食事に欠かせない、お味噌汁。

お味噌汁と言っても、アトピーの人に効果がある作り方もあります。

だしひとつをとっても、コンブやカツオ節をメインにして、干しシイタケやにぼしを使うと良いそうです。

私は、だしを取るのが面倒で、ついダシの素を使ってしまうのですが、やっぱりダシからしっかり取ったお味噌汁は、おいしいですよね。

ダシを取るひと手間が、改善につながります。

また、ご飯やお漬物も良いそうです。

お味噌汁も、ご飯も、お漬物も私たちの食事で、いちばん身近なもので改善できるのです。

アトピーの人にとって、食事というのは症状を良くするのか悪くするのか、とても大事なことです。

そこで、アトピーに良い食べ物と悪い食べ物をしらべてみました。

まず、悪い食べ物です。

揚げ物・ラーメン・ポテトチップス・チョコレート・菓子パン・ケーキなど、私も大好きな食べ物です。

なぜ、揚げ物やお菓子がいけないのかというと、アトピーには、脂っこいものや糖分が多いからなのです。

たまに、どうしても食べたくなる時もあると思います。

その時は、少し食べても良いかと思います。

食べたいのにガマンしてしまうと、ストレスになってしまうので。

また、良い食べ物は、ヨーグルト・玄米・レバー・ピーマン・ホウレンソウ・青魚など、見るからに体に良さそうな食べ物です。

ヨーグルトに含まれている、乳酸菌は、善玉菌を増やしてくれる働きがあるので、毎日食べても良いほどおススメです。

良い食べ物や悪い食べ物はたくさんあります。

それはこちらになります。

アトピーに効く食生活を調べる

アトピーで悩んでいる人は、いちど食生活を見直すことも大切です。