アトピー皮膚炎を治すための薬

アトピー性皮膚炎を治療するための薬と聞くと、ステロイド外用薬だと思っている人もおおいのではないでしょうか。

その中には、ステロイド外用薬は怖いものだと思っている人も多く、アトピーの子どもに使うお母さんのたちは、あまり使いたくないと言う人もいます。

また、最小限の量で、短期間だけ使おうとする人もいると思います。

しかし、病院で処方されたステロイド外用薬は、先生の指示通りに、決められた量や使用期間を守らなければいけません。

自分の判断で、やめてしまっては、アトピーを余計に悪化させてしまう場合や、症状を長引かせてしまう事もあります。

どの薬にでも言えることですが、良くなったからやめてしまおうということは、しない方が良いでしょう。

そして、ステロイド外用薬には、どのくらい炎症がひどいのかにより、5段階に分けられます。

また塗り薬にも、副作用はあります。

副作用があると言っても、飲み薬とは違い、塗った場所だけに症状が現れるそうです。

先生の指示通りに使っていれば、副作用が起こったとしても、一時的なもので、長引くことはないようです。

アトピーを治すための薬には、3種類あります。

飲み薬などの内服薬、塗り薬などの外用薬、そして保湿剤です。

内服薬でよく使われているのが、抗ヒスタミン薬です。

皮膚を掻くことにより皮膚に傷がつき、余計に症状が悪くなってしまいます。

かゆみ止めとして、この薬を使うそうです。

また、鼻炎やじんましん、花粉症などにも使われる薬なので、アトピーでない人でも、もしかしたら服用したことがある人もいるかもしれません。

外用薬は、2種類あって免疫反応を抑えるために使います。

その一つに免疫抑制外用薬というのがあり、ステロイド外用薬を使っても、効果がなかった人に向いているようです。

そして保湿剤。

皮膚が乾燥すると、アトピーを悪化させる原因となり、治りにくくなってしまいます。

アトピー性皮膚炎の人は、特に保湿剤で肌をうるおすことが大切になってきます。

保湿剤にも種類はあって、ローションやクリーム、軟膏などがあります。

それぞれ保湿の効果も違ってくるので、自分の皮膚にあったものを選ぶことが大切です。