海外のアトピー事情とは

生まれてから大人になった今、何十年もアトピーとともに過ごしている人がたくさんいます。

症状が軽いアトピーの人は、治ったという人もいますが、重症の場合なかなか治らないようです。

日本で、アトピーは治らない病気とされているようで、病院に行っても、軟膏や、かゆみ止めの薬しか治療がなかったのです。

しかし、ドイツでは、治る病気とされています。

ドイツでの治療は、生活療法と自然療法が一般的です。

そして、精神科・皮膚科・栄養指導科がチームを組んで、治療をしていくそうです。

ドイツの人は、ストレスに弱い性格の人や、感想幅の人が多く、発症率も高いそうですが、治る病気と言われているだけあって、悩んでいる人は少ないのです。

専門のチームなだけあって、ひとりひとりにあった、治療ができるのも良いですね。

日本人の中には、アトピーを治したくて、海外に移住する人までいると聞いたことがあります。

海外旅行をしている間は、症状が軽かった人もいるらしいので、環境によってもまったく違うようです。

日本だけかと思っていましたが、海外でも、アトピーの人はいます。

私自身、外国の人と交流する機会がないので、恥ずかしいことに、アトピーの人がいることも知りませんでした。

世界中で、ステロイドを使わずに、約100パーセントの確率で治すことのできるお医者さんが3人いるそうです。

ひとりはアメリカの先生。

もうひとりは、イギリスの先生。

そしてオーストラリアの先生です。

この3人の先生は、そのような治療をおこなっているのでしょう。

まず、4つの点をチェックするそうです。

一つめは、アトピーを起こす原因が何なのか。

二つめは、腸の漏れはないか。

三つめは、タンパク質がしっかり消化されているか。

そして、白血球が反応しやすくなっていないかです。

これらの検査をすることにより、20年弱で改善できなかった人は3人しかいないようです。

日本では、アトピーになる人は増えています。

この3人の先生に診てもらえると、たくさんの人が治るのですが、それは無理な話です。

日本にも、詳しく調べてくれる病院はあります。