赤ちゃんがアトピーになる原因は

生まれて間もない赤ちゃんで、アトピーと診断されることも多いようです。

なぜ、小さな赤ちゃんが、アトピーと診断されるのでしょう。

アトピーと診断された赤ちゃんには、共通点があるのです。

これは遺伝します。

お父さんや、お母さんの情報は、遺伝子によって、赤ちゃんに継がれていきます。

子どもが、お父さんやお母さんに似ると言えば、よくわかると思います。

親に似るということは、赤ちゃんにも同じ遺伝子が流れているということになります。

アトピーの遺伝子情報もあります。

そして、この遺伝子は、赤ちゃんに遺伝しやすいのです。

もし、お父さん・お母さんのどちらかに、この疾患があると、赤ちゃんに遺伝する確率は2倍だそうです。

そう考えると、お父さんもお母さんも疾患があると確率は4倍だということです。

また、お父さんやお母さんからの遺伝だけではなく、赤ちゃんだけが発症することもあるようです。

まだ、原因はわからないようですが・・もし、自分の赤ちゃんがどうなのか不安なら、4か月を過ぎた頃に病院へ行って、診断してみると良いかもしれません。

赤ちゃんだけでなく、大人でもアトピーの人はたくさんいて、悩んでいる人もたくさんいます。

私は、アトピー体質ではないので、どのくらい痒いのかなどはわかりません。

しかし、アトピーの友達がいて、友達の子どもにも遺伝してしまいました。

見ていると、とても痒いようで、かわいそうでした。

友達も子どもに「掻かないで」

と注意しているのを何度か見たことがあります。

ケガやカゼのように、時間がたてば治るという病気でもありません。

そのため、精神的にストレスになってしまうママも多いと友達が言っていました。

赤ちゃんは、アレルギーを持っているという話しを聞いたことがあります。

アレルギーの中でも多いのが、乳製品のアレルギー・卵アレルギー・ダニやハウスダストのアレルギーです。

そのようなアレルギーがアトピーを発症させてしまう原因になっている場合もあります。

赤ちゃんが、乳製品や卵を食べた時に、からだに湿疹が出て、いつもと少しでも様子が違ったら、病院を受診した方が良いでしょう。